身はたとえ パラオの沖に死するとも    

                   

                                          魂生きて 父の元へと

 

(ふすまに大書された 故西嶋辰夫氏=スマトラ・パラオで戦死=への父の鎮魂歌)


 

..........................................................

  

塹壕(ざんごう)


[詠い継ぐ戦争と平和]

 

血 便

 

塹壕(ざんごう)へ北支の時雨(しぐれ)容赦なく

                    首までの水 飯ごうで出す

 

首までの泥水 壕に漏れる尿 温みつかの間 腸まで冷える

 

飯ごうで泥水汲み出す力尽き 更ける闇夜の虚ろなうめき

 

塹壕の冷える泥沼夜が白む オレ生きている 涙抱き合う

 

大君の辺にこそ行けず 田の畔に たびたびしゃがむ

血便の父           

 (父生還…生涯血便、叔父戦死@パラオ)    

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

父ありき 大戦最後のミンダナオ  夢にも会わず七十年過ぐ

 

 

ニューギニア出征前の父帰宅 止まらぬ母と祖母の慟哭(どうこく)    

 

=悲しみ号泣する二人の口は、犬のよう…        

母がこれほど泣くなんて見たことない。当時6歳女児のおどろき)

 

 



 

 

 


 

 

塹壕(ざんごう)

 


いざ突貫・アッツ島 山崎隊

 

巻脚絆に繋ぐ肉弾三百余 しぶく鮮血怯む米軍

(ゲートル)