当時の軍歌・絵画・詩歌

クリック…歌詞・映像を見る

  

君が代

 

君が代は

千代に八千代に

さざれ石の

 いわおとなりて

 こけのむすまで 

 

原作は「読人しらず」

『和漢朗詠集』『古今和歌集』(10世紀ごろ)

選者は、大山巌(いわお)   元帥陸軍大将

(1842~1916)ら

........


Trails

 

河南 茂子

 旧の味間修徳尋常高等小学校より 弁天街道まで出て、軍歌を唄い日の丸の旗を振り、篠山70連隊より出征兵士(兵隊さん)がいさぎ良く、肩に鉄砲、鞄、水筒をかけて歩いてこられバンバンザイと大きな声で見送りました。

 又、弁天駅より出発、兵隊さんは汽車の窓から手を振り、姿が見えなくなるまで旗を振りました。

 母は国防婦人会で、千人針、慰問袋を贈っていました。強く心に残って居ます。

 

昭和十三年の軍歌

 

①  勝ってくるぞと勇ましく 
     誓って国を出たからは

     手柄立てずに死なりょうか 

進軍ラッパ聞く度に

瞼に浮かぶ旗の波

 

 土も草木も火と燃ゆる 

果てなき荒野踏みしめて

進む日の丸鉄兜 馬のたて髪なでながら

明日の命を 誰か知る

 

 弾丸もタンクも鉄剣も しばし露営の草枕

  夢に出てきた 父上に 死んで還れと 

励まされ
覚めて睨(にら)むは 敵の空   

 

 思えば今日の 戦いに   

(あけ)に染まって にっこりと

笑って死んだ 戦友が  天皇陛下万歳と

残した声が 忘らりょか

 

 戦争(いくさ)する身は かねてから   

捨てる覚悟で いるものを

鳴いてくれるな 草の虫 

東洋平和の ためならば

なんの命が 惜しかろう

 《軍歌:露営の歌=映像を見る》

Places

 

 

 

無言館と信濃デッサン館は、

 

「信州の鎌倉」と呼ばれ、別所温泉のある塩田平にあります。どちらも、作家故水上勉みずかみつとむさんの息子である窪島誠一郎くぼしませいいちろうさんが私財を投じて運営されている、世界的にもユニークな美術館です。

People


TOPへ戻る                                      平和のまほろば 1もどる= ここをクリックしてください