おかえりなさい ひいじいちゃん


 

ひい婆ちゃんと戦争               中川 智貴

(ジャカルタ日本人学校1年   2014年   篠山出身 

 →2016年  千葉在住

 僕には2人のひい婆ちゃんがいる。1人は大正6年生まれの97歳、もう1人は大正10年生まれの93歳だ。遠くに住んでいるので頻繁に会うことはできない。会うたびに、耳が遠くなったり、背が低くなってきたりはしているけれども、いつも歓迎し、優しく大切にしてくれる。このひい婆ちゃん達は、2人とも夫を戦争で亡くしている。満州(今の中国)とボルネオ島で亡くなったらしい。

 ボルネオ島はインドネシアの一部だ。この島には、インドネシアのカリマンタンの他、マレーシア、ブルネイ王国がある。日本軍は、ボルネオ島の石油資源を求めて進軍してきた。このボルネオ島では日本兵が4700人も戦死したらしい。  自分のひい爺ちゃんが、こんな遠くまで兵隊として来ていたことに僕は本当に驚いた。

 しかし、僕の知っていることはそのくらいで、詳しい事実は知らない。今回ひい爺ちゃんの事を考えていく中で、世界の事や歴史をもっと知りたいと思うようになった。  次に日本に帰った時、2人のひい婆ちゃんにその頃の話を聞いてみようと思う。(2014年記)

玉砕 甦らぬ「英霊」二百十万      ≪映像を見る≫  atuhenuhaba

g地図から検索≫‐NHK  atuhenuhabag ejudategabad

ボルネオ島 / Borneo(英) Pulau Kalimantan  


ボルネオ島Borneo(英) Pulau Kalimantan 

 

キナバル山 Borneo島北部、マレーシア領にある山 (左上)

標高 4,095.2mはマレーシアの最高峰  



激論! 戦後70年の総括と明日の日本

 

朝まで生テレビ!--FULL-[2015-08-15]   へ